TAIKEISHA 建築計画網・大系舎ロゴ

オンライン設計室

家づくり・リストに戻る

NO.13_FT-HOUSEができるまで

Vol.17:大工インタビュー 2

(2002/11/27)

[2002/11/27]大工インタービュー2


 


今日は、山下さんの師匠である大工・工藤さんのお話を聞くことが出来ました。
工藤さんは、時々山下さんの仕事を見に、手伝いという形で現場に来てくれます。
工藤さんは、現在田無工業高校に講師として、教壇にたっていらっしゃいます。
若い世代に技術を伝えることに熱意を持っていらっしゃいます。


名前:工藤金一
年齢:56才

信条:職人は、クライアントの立場にたって仕事をすべきである。クライアントの命さえ預かっているので、地震や台風などに耐えうるものをつくるべきだ。
またクライアントに、見せることが出来るものをつくるべきだとおっしゃっていました。
新しい工法にも積極的に学ぶ精神も大切とおっしゃていました。
今回のSE工法にも、熱心に見ていらっしゃいました。


昔は、”カンナたこ”があったが、今は機械化されて、手が柔らかくなってしまったそうです。



今の若い人は、かわいそうだとおっしゃていました。
職人の魂が活かせる仕事を、もっと増やしたいとお考えでした。



歓談の時間。この時間も情報交換の大切な時間です。


・フレームにキシラデコールを塗る。



内部


軒下。


サッシ取り付けの工事が進みます。