TAIKEISHA 建築計画網・大系舎ロゴ

オンライン設計室

家づくり・リストに戻る

NO.13_FT-HOUSEができるまで

Vol.12:基礎工事

(2002/11/01)

[2002/11/01]基礎工事


 

まず基礎工事が始まりました。

一般的に、基礎工事の段階では、住宅の大きさが実際よりも小さく感じることが多いものです。
その理由は、基礎は2次元的な平面形だからだと思います。
躯体(骨組み)が立ち上がると、壁や屋根の形が見えて3次元になり、一挙に大きく見えるようになります。
そのギャップは、クライアントにとって非常に有効でだと思います。

砂上の楼閣という言葉がありますが、地上の建物がどんなに強靱であっても、それを支える地盤や基礎がしっかり出来ていないと、強い住宅とは言えません。基礎配筋が、適切に行われているか、きちんとチェックします。

今回、基礎型枠は鋼製を用いています。多くは、南洋材であるベニアが用いられていましたが、近年エコロジカルな観点から、再利用が効く鋼製型枠が用いられる機会が増えてきました。


鳶親方
・基礎工事担当の鳶


・鋼製型枠


・立ち上がり型枠


・脱型



・打ち放しコンクリート面