私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.09:ALC工事

10坪狭小地 / 店舗併用住宅 / 2世帯住宅
NO.34_AB-HOUSEができるまで
(2009/01/27)


?


ALC(2009/01/27)UP


現場では、ALC工事が進んでいます。

この建物では、外壁と床をALCで設計しています。
建物のローコスト化と、軽量化が目的です。

隣地の建物が迫っているので、外壁の取り付け作業は、手作業が主体で行われています。狭い作業スペースの上、手作業での組み立ては本当に大変だと思いました。

また隣家との距離が15センチのところは、前もって塗装を施しておきます。
足場が建てられる3面は、外壁設置後に塗装が行われます。

ALCの設置が終わると、耐火被覆工事が行われます。
誤解があるのですが、鉄は、火に弱いのです。
火事になり高温になると、鉄は溶けてしまいますので、耐火用の被覆材を施します。


ALCの外壁が設置されると、自然光の様子や空間の大きさが分かります。
今回、施主のABさんを現場へご案内して、様子を見ていただきます。

これからは、仕上げ工事に入っています。


・ALC工事が始まりました。
ここからはシートで覆われてしまいます。



・最後にボルト締めを行い、躯体を固定します。
マーキングという工程です。


・ALCは、手作業に近い状態で、施工が行われます。
狭いスペースで、大変な作業です。


・階段まわり


・耐火被覆工事が終わった状態


・ABさんのご両親が現場を訪れました。


・シートが覆われ、通行人からは工事の様子が全く見えません。

?
ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465