私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.01:はじめまして

間口が狭い / テナントビル
NO.42_FJ-BUILが出来るまで
(2011/08/21)

はじめまして(2011/08/21UP)


大系舎・1級建築士事務所
所長 大戸 浩 様

はじめまして、都内に住んでいるFと申します。



この約50年間、駅前にて喫茶店を行いながら暮らしてきましたが、
建物の老朽化と周辺環境の変化や父と母が高齢化してきており、
新たに建て替えを行いたいと考えてまして、ご連絡をさせて頂きました。

お忙しいことと存じ上げますが、ご相談させて頂ければ幸いです。



敷地は、東側に約6?7メートル程度の道路に面しており、
北側は3階程度の高さのビル(パチンコ屋)、南側には5階の高さのビル、
西側には5階の高さのビル(こちらもパチンコ屋)となっています。
北側のビルは、境界ギリギリまで建っています。



最近、区の都市計画の変更が有りまして、某大学が移設されてくる事になりました。
それに伴い、駅前ロータリーの建設や某大学の工事は始まっています。
工事がはじまる前は、のどかな商店街と住宅街が広がる地域でした。

大学のキャンパスが平成24年4月に開校を予定しており、それに伴なう街の変化が起り始めています。
そのような環境の場所で、テナントを入れつつ、喫茶店をしつつ、
将来的に2世帯が暮らせるような家づくりが、※※※万円という金額で出来るものなのか、可能性を伺いたくご連絡をさせて頂いた次第です。

よろしくお願いします。
?

?

○計画敷地について

・住所
東京都A区※※町
・前面道路の幅(m)
6?7メートル
・敷地の形状間口×奥行き(概略)
間口約5.6メートル、奥行き約27メートル、奥幅約4.7メートル
・敷地面積(m2)
約130平米
・容積率(%)
400%
・建坪率(%)
80%
・地域地区
商業地域
・周囲の環境概要
駅前ロータリーの新設や大学が建設中。


○計画建物
・入居家族人:3人(父、母、長男)
・構造(木造、RC造、鉄骨造など):RC、鉄骨造
・予算:※※※万円(頭金※※※万円+銀行借入※※※万円を予定。)
居住区部分は住宅ローン、テナント部分は事業ローンにて借り入れたい。
なるべく、住宅ローンの比重を多くして借り入れをしたい。
・特に希望する条件など
4階建て、1、2階をテナントで賃貸したい。
ちっちゃくて構わないので喫茶店スペースを確保したい(3階)
4階は、父と母の生活スペースとして確保したい。
父と母が高齢になってきたので、エレベーターを設置したい。
しっかりとした構造体で、長く住める家にしたい。
日当たりを良くしたい。
テナント部分(1、2階)の天井を高めにしたい。

?

site.jpg

・ウナギの寝床の敷地形状

?fj20110831_01.jpg

・古い鉄骨ビルと木造住宅(奥で見えない)の建て替え(2011春)

?fj20110831_02.jpg

・隣接ビルが迫っている。(2011春)

?

fj20110831_03.jpg

・間口5.6メートル、奥行き27メートルと、いわゆるウナギの寝床(2011春)

?fj20110831_04.jpg
?・敷地全面は、大学移転に伴い、駅前ロータリーを整備中(2011春)


?fj20110831_05.jpg

・大学校舎は工事中(2011春)

?・ロータリー側より(2011春)
?
?fj20110831_06.jpg

・大学校舎は工事中(2011春)

?fj20110831_07.jpg

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465