私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.16:金属手すり工事

15坪狭小地 / 鉄骨構造4階建て住宅 / ホームシアター
NO.22_SB-HOUSEができるまで
(2006/05/08)

手すり金属工事( 2006/05/08)UP


ゴールデンウィーク明けの現場から。



リビングの空間


ハイサイドライト見上げ。


大工工事。


密集している配線。
電気工事も平行して行われる。
 


手すりの取り付け工事が行われていました。ちょうど、2つの手すりを、曲線として繋げるところです。

階段の手すりは金属製の設計ですが、現場搬入するには、分割して作成する必要はあります。今回は、搬入取り付けの途中で、分割された手すりを現場溶接で、繋ぐ工程の記録写真です。

階段の手すりを繋ぐには、角度差があり、かつ位置がずれた円形のパイプを、連続的に接合させる必要があります。

そのためには、90度に曲げたパイプの接合部品を2つ使い、微調整をして、最後は溶接して一本化します。
言葉による説明は、とても難しいので、画像を見ながらご理解ください。

こういった難しい箇所の現場での作業を見ていると、思わず釘付けにされてしまいます。所要時間は約20分くらいでしょうか。図面では完全に表現できない部分を、職人達は長年の経験で、うまく納めてくれます。

この作業は、とても面白かったので、思わずビデオにも納めてしまいました。




一連の仕事をムービーにしてみました。

CLICKで動画


工事前。


鉄工の勢司さん。


下地調整。


接合部品。
端部は、これの組み間合わせ。


半分取り付けた状態


溶接とグラインドを繰り返す。


完成。


角度を変えてみる。

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465