私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.11:鉄骨建て方工事2

狭小地住宅/敷地15坪/ 鉄骨構造4階建て住宅 / ホームシアター
NO.22_SB-HOUSEができるまで
(2006/4/01)

鉄骨工事( 2006/04/01)UP


建て方工事が済み、垂直を矯正して、ボルトを本締めしたり、溶接したりして鉄骨躯体を完成させます。

足場を組み、養生ネットを張ったので、内部の様子は外からは見えなくなりました。
ただ大凡の外形は分かります。

今回は戸建て住宅ですが、4階建てなので、しっかりした構造体です。
将来は、下階はお店としたり、立体駐車場として活用できるように前もって計画しています。



浅草通り越しに



養生シートで覆われる。


内部から。
今回は、鉄骨ラーメン構造なので、ブレースがありません。
ただし、柱寸法は、200ミリ角としっかりしています。


見上げ


右側の隣の建物との間隔は約20センチ。
敷地いっぱいの計画です。


ボルトの詳細。
白いチェックは、マーキングのあと。
所定の強度が出ると、ボルトの頭が千切れます。


デッキプレート(床材)を張る前。


床を張った後。


見下げ。


隣のビルが迫っています。


階段見下げ。



階段室
 

■建て入れ検査
建て方後、構造設計工房デルタ・久田氏を交えて、鉄骨構造の建て入れ検査を行いました。
建物の水平、垂直、ハイテンションボルトの本締めの状態などをチェックします。

4階建てなので、その後中間検査を確認検査機関で行います。


目視


ジョイント部の確認


構造設計の久田氏と、鉄骨製作者・勢司氏の意見交換。

今回は、問題なく合格でした。
ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465