私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:09:基礎工事

狭小地住宅/5階建て/2世帯住宅/したまち住宅
NO.57_KS-HOUSEができるまで
(2017/05/12)

基礎工事は、鉄筋工事と柱脚工事、それとコンクリート打設工事を交互に行います。

鉄筋工事が完了すると、配筋検査を行い、設計図通り工事が行われているかの確認を行います。

今回は綺麗に配筋されているのが一目して分かります。

配筋検査は、構造設計を行った(有)構造デザインの山領さんにお願いしています。

無事配筋検査を済ませ、コンクリート打設を行い、基礎が完成しました。

20170512_10.jpg
・基礎配筋の様子

20170512_11.jpg
・一目して、綺麗なのが分かります。

20170512_12.jpg
・柱脚廻りは、複雑です。

20170512_13.jpg
・構造デザインの山領さんの配筋検査

20170512_14.jpg
・基礎コンクリート打設後

20170512_15.jpg
・同上

20170512_16.jpg
・最後に床スラブの配筋検査

20170512_17.jpg
・床スラブのコンクリート打設

20170512_18.jpg
・同上

20170512_19.jpg
・施工をお願いしているニートの黒岩さんと、構造デザイン山領さん

次は、コンクリート養生期間を空けて、鉄骨工事に入ります。


ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465