私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.08:鋼管杭工事

12坪狭小地 / 5階建て鉄骨造 / 2世帯住宅
NO.38_TG-HOUSEができるまで
(2011/02/04)

現場は、まず杭工事から始まりました。

支持地盤は、この地域にしては比較的浅く約-12メートルです。

杭の工法は、敷地の狭さや施工状況を考えて細径(160ミリ)の鋼管杭が採用されました。

6メートルの杭を溶接で繋ぎながら、支持地盤まで圧入していきます。


今回の敷地の間口は、3.6メートルしかないので、杭工事のための重機が作業空間を確保できるかがポイントでした。

しかし、幸い隣の敷地の駐車場(間口2.7メートル)を工事期間中、借地させてもらったので、難工事にならずにすみました。

隣の敷地の地主さんの計らいに大感謝です。

下町の住人には、工事で迷惑を掛けるのはお互い様という近隣の意識があるので、本当に助かります。

一般的に、下町の敷地は狭くて、お互い様という意識がないと成立しないことを、住民の方々が自然に認識されているのでしょう。


施主のTGさんはすぐそばに住まいがあるので、毎朝現場を眺めてから出勤されるのが楽しみだそうです。



・杭の位置を事前にマーキングします。赤いリボンが目印。


・狭小地なので、隣地との空きを厳密にチェックします。



・いよいよ、杭工事の重機が現場へ入ります。


・杭工事開始



・鋼管杭。構造上、先端は円盤状に広くなっています。


・鋼管杭を圧入中


・杭は溶接で、繋ぎます。


・杭が入った後。


・試験杭の確認(構造デザイン山領氏)


・圧入時に、先端のトルク値を確認。


・重機の計測器。


・掘削後の様子。杭の上部に鉄筋を溶接します。


・地中梁やフーチングの位置をマーキング(青ペンキ)。


・杭が位置が、ずれていないか確認


・現場の近くから、スカイツーリーが見えます 

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465