2017年11月19日

一畑電車北松江線・津ノ森駅

先日島根に所用で行った時に、偶然通りかかった一畑電車北松江線の津ノ森駅です。

私は特に鉄ちゃんではないのですが、この駅のプラットフォームの姿に目を奪われました。

この北松江線は、宍道湖畔を走る私鉄です。

この木造のプラントフォームの小屋は、飾り気のないシンプルな姿ですが、何か懐かしさを憶える佇まいでした。

20171119_04.jpg

20171119_02.jpg

20171119_03.jpg


投稿者 ooto : 19:03

2017年11月 9日

神田駅プラットホーム

神田駅の中央線プラットフォームの架構は、古き良き時代の鉄骨造の姿をしています。

リベットボルトでと鉄骨材で組まれた架構は、いつの時代のものか、ネットで調べてみました。

以下のページで、神田駅の歴史について詳しく述べられていました。

山手線が渡る橋・くぐる橋

これによると、中央線プラットフォームの屋根架構は1925年頃建築とされています。

1923年の関東大震災で焼失して、その2年後位に再建されたと記述があります。
東京大空襲は免れたのでしょうか。
もしそうであればなんと2017年-1925年=92年も前ということになります。

鉄骨造で錆びやすいですが、大事にメンテナンスをしていけば、まだ使えると言うことですね。

架構の丁寧なデザインやディテールを見ていると、当時の人のものつくりの熱意が伝わってきます。

私の亡き父が元鉄道建築技術者で、駅舎の設計をしていましたし、また祖父は、リベット職人でこういった構造物の建設に携わっていたので、つい目が引きつけられてしまいます。

20171109_01.jpg

20171109_02.jpg

20171109_03.jpg

20171109_04.jpg

20171109_05.jpg

投稿者 ooto : 17:36

2017年10月29日

季節外れの夕顔

事務所の玄関の外にある夕顔が、もうすぐ11月だというのに、白い花を咲かせました。

この夕顔は、7月初めの入谷朝顔市で、購入したもので、買った時には、夕方になるといくつもの大きな白い花を咲かせていました。

9月になると今年は花が終わったと思い、そのまま外に鉢を放置していたのですが、最近になって再び蔓が伸び始め、となりの樹木に絡みつき、見事な花を咲かせました。

暖房器具が必要な季節になって再び咲く、花のパワーに驚きました。

ただこの季節の寒さの中で、若干震えているように咲いていました。

20171029_01.jpg

20171029_02.jpg

20171029_03.jpg

投稿者 ooto : 23:04

2017年10月23日

代々木ビレッジ

所用で代々木に行ったので、駅のすぐそばにある代々木ビレッジで、ランチをいただきました。

ここは、周囲を高い建物で囲まれた一角に、低層の建物で作られた飲食店や雑貨屋があるエキゾチックな雰囲気がするかなり広々とした空間です。

約100メートル程度の長さの路地状の道が、真ん中を貫いていて、突き当たりにちょっと高そうな飲食店がありました。

このエリアに入るのは、初めは少し勇気がいるのですが、入ってしまうと、ランチで賑わうテラスのあるお店が並んでいて、楽しさが伝わってきます。

植栽の手入れの良さや、音響効果が良く、ここが東京かと思うほど、アジアっぽさを演出しています。

このテラスでランチをいただきましたが、値段のリーズナブルで楽しく、かつ美味しくいただけました。

一度遊びに行かれると楽しい空間を満喫できます。

しかし大きな疑問ですが、こんなに高そうな土地の上に、贅沢な空間をつくるには、相当な投資金額必要です。
何か、大きなプロジェクトの予定があり、それまでの暫定的な土地利用なのでしょうか。


20171023_01.jpg

20171023_02.jpg

20171023_03.jpg

20171023_04.jpg

20171023_06.jpg

20171023_07.jpg

20171023_08.jpg






投稿者 ooto : 22:29

2017年10月11日

金木犀

自宅の金木犀が、ようやく満開になりました。

例年より、10日から2週間ほど遅い開花です。

今年は天候不順の影響か、2週間ほど前に少しだけ咲きましたが、あまりに少ないのでどうしたものかと不思議に思っていました。

甘い芳醇な香りで、秋の深まりを感じる例年です。

この金木犀は非常に生育が良く、2階建ての住宅の屋根に匹敵するくらいの高さまで成長しました。
もしかしたら、金木犀は2階のベランダの高さを地上と勘違いしているかもしれません。

木の茂みの中では、鳥が巣をつくっていますので、ときどきさえずりが聞こえてきます。

20171011_01.jpg

20171011_02.jpg

20171011_03.jpg

20171011_04.jpg

20171011_06.jpg




投稿者 ooto : 10:50

2017年10月 7日

真田壕

地下鉄丸ノ内線の四谷駅は、映画「君の名は」のワンシーンで出てきますが、地下鉄で地上に出てくるときに、とても開放的に感じる気持ちが良い場所でもあります。

ここは江戸城の外堀の一部で、一番標高が高い位置にある真田壕です。

このエリアは都心であるのにもかかわらず、とても空が広く感じる場所です。

赤坂離宮や、ホテルオータニ、鹿島建設などが遠くに見える景観は、約30年前とほとんど変わらないように感じます。

真田堀は外堀と言われるのように、昔は、水で満たされていたとのことです。

濠の中には上智大学のグラウンドがあり、テニスボールの音が反響していて、のんびりした雰囲気を醸し出しています。

東京の中でも好きな風景の一つです。

20171007_01.jpg

20171007_02.jpg

20171007_03.jpg

20171007_04.jpg

20171007_05.jpg

投稿者 ooto : 22:20

2017年10月 1日

日本橋界隈

千代田区神田でプロジェクトが進行中です。

神田駅前の中央通りから見ると、野村證券ビルが一直線に見えることが分かり、そのまま日本橋界隈を車で走ってみました。

いつも首都高から見下げるかたちで見えた日本橋、日銀、日本橋三越などを車で廻り、あらためて、江戸時代からの連続性に思いを巡らしてみました。

浮世絵を見ると江戸時代には、富士山も見えたらしいのですが、現在では、残念ながら日本橋から見えるのは首都高速の隙間から見える小さな空。

古地図を見ると。当時の魚河岸や時計台などはビルで埋め尽くされています。

また美しい近代建築の常盤小学校も残っており、独特の雰囲気を出しています。

改めて日本橋界隈が思いの外、コンパクトな町であることに驚かされました。

20171002_01.jpg
・中央通りから野村證券が見える。右に三越で、その先首都高の下が、日本橋。

20171002_04.jpg
・日本橋から見えるのは、首都高の間の空。

20171002_02.jpg
・日本銀行。江戸時代は金座だった。

20171002_03.jpg
・常盤小学校。近代遺産に指定されいる。

投稿者 ooto : 23:09

2017年9月20日

タイムスリップした町

所用で北品川の町を散策しました。

北品川は、品川駅から京浜急行で普通列車で1つめの駅です。
品川駅から至近距離で、徒歩5分程度で歩ける町です。

北品川は、近代的でビジネス高層ビルがいくつも建つ街である品川から至近距離にあるにも関わらず、タイプスリップしたような独特の雰囲気があります。


北品川駅のホームから見える住宅の玄関は、板が打ち付けられた廃屋のようです。

踏切を渡り、旧東海道の商店街を少し歩くと、大正ロマンのような板金仕上げとタイル仕上げの金物屋さんに出会います。

導かれるように気になる横町を曲がると、廃れた蔵があり、さらに進むと、怪しげな門をくぐると、異空間の寺院の広場があり、都会の中の広い空に驚かされます。

商店街では何人かの、町を散策する人に出会いました。

タイムスリップしたような気分になる不思議な町です。

20170920_01.jpg

20170920_02.jpg

20170920_03.jpg

20170920_04.jpg

20170920_05.jpg

20170920_06.jpg


投稿者 ooto : 23:51

2017年9月10日

高知県立牧野富太郎記念館

もう1年ほど前のことですが、内藤廣氏設計の、高知県立牧野富太郎記念館に遊びに行きました。

高知の南部の小高い山の斜面に、植物学者の牧野富太郎の資料館が、植物園と一体的に設計された建築です。

完成は1999年なので、既に18年経過しています。

構造は木造と鉄骨のハイブリッドで、木と金物の納まりを見ているだけで楽しく、いろいろな場所に発見があります。

20年近く年月が経過した現在は、周囲の植物園と一体的に調和して、とても環境に馴染んでいました。

時間が経過した木材は、程よい色調で、とても落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
見学時間の関係で全部を巡った訳ではないのですが、傾斜地建つので、建築が廻りの高低差をそのまま受け入れいるので内部に変化があり、箱物の建築では味わえないような、環境建築という言葉を連想させるように感じました。

私自身は、日頃都心のせこせこした仕事が多いので、このようなのびのびとした大らかさを感じる建築が、とても好きになりました。

20170910_01.jpg

20170910_02.jpg

20170910_03.jpg

20170910_04.jpg

20170910_05.jpg

20170910_06.jpg

20170910_07.jpg



投稿者 ooto : 20:53

2017年8月19日

折り鶴

墨田区区役所のホールに、折り鶴のオブジェがあります。

墨田区はこれまで、多くの災害を体験しているため、平和を祈願して折られた折り鶴のオブジェだとのこと。

東京大空襲、関東大震災、江戸時代の大火などで多数の犠牲者を出してきた下町ならではのものです。

毎年テーマを変えて、つくられるそうですが、既に26回目になるとのこと。

何と11万枚の折り鶴が使われているとのことです。

実際に見ると迫力に圧倒されます。

20170819_01.jpg
・色とりどりの折り鶴

20170819_02.jpg
・密集しています。

20170819_05.jpg
・目を離すと、花びらであることが分かります。

20170819_04.jpg
・実は吹き抜けの天井までの大作です。隅田川でしょうか。



投稿者 ooto : 21:16