2018年7月 7日

RRROOM

横須賀のHUプロジェクトの現場監理の帰りに、打ち合わせで森川と寄ったカフェです。

以前から気になっていたお店です。

場所が商店街から外れているので、なかなか寄れなかったのですが、今日は思い切って寄ってみて、意外と広く、落ち着いた空間に惹かれました。

もう十数年前から営業されているようですが、主に自分たちが工事して作られてとのインテリアのセンスが、とても良く落ち着いた空間になっていました。

奥には程よく暗く、落ちついたアルコーブ(奥まったスペース)のような席があり、ここが一番のお気に入りの場所でした。



20180707_02.jpg

20180707_03.jpg

20180707_04.jpg

20180707_05.jpg

20180707_01.jpg



投稿者 ooto : 11:21

2018年6月21日

大野市再訪

5月に福井県の大野市を再訪しました。

実に30年ぶりくらいになります。

福井の奥地に位置する大野市は、北陸の小京都と呼ばれていて、湧水が豊かであることも有名です。
私自身が、若いときにまちづくり計画で関わったこともあり、とても懐かしい町です。
大野市内は、昔と変わらずといった風情でしたが、交通手段が変わり高速道路で一気にアクセスできるようになったという点は、反面山の向こう側の聖地という印象が無くなり、残念に思えました。

今回は学生時代の友人と久しぶりに過ごしたのですが、当時スキーをやっていたので、よく訪れたスキー場があった六呂師高原へも訪れました。

この六呂師高原には、当時合宿等で良く宿泊させていただいていた、宿舎がそのまま残っていたのには驚かされました。
実に戦争中は馬小屋だったというこの宿舎が70年以上風雪に耐えて、現在も定期的に手入れをされて使われているようでした。
これには頭が下がる思いでした。

20180621_01.jpg
・昔と変わらぬ大野の町なみ

20180621_02.jpg
・酒屋さん。両袖のうだつが特徴。

20180621_03.jpg
・お清水(おしょうず・日本名水100選)

20180621_04.jpg
・お清水からは、今もコンコンと地下水が湧き出る。

20180621_05.jpg
・町の水路で、地元の子供さん達も自由に遊ぶ。

20180621_06.jpg
・六呂師高原の宿舎。元馬小屋。

20180621_07.jpg
・現在も手入れをされて、宿舎として使われているようです。

20180621_08.jpg
・棚田の様子




投稿者 ooto : 10:40

2018年6月 4日

夏野菜

自宅の庭に1畳ほどの広さの畑をつくり、夏野菜を植えました。

トマト、ナス、キュウリ、唐辛子、ゴーヤ、メロン、ピーマンなどを欲張って植えました。
去年は、肥料をいい加減にしていたので、収穫は今一でしたが、今年は肥料の勉強をして、計画的に育てています。

すでに、トマト、キュウリ、ナスが実を付けはじめました。

自給自足の練習のつもりです。

これから夏の収穫が楽しみです。

20180604_01.jpg
・猫の額ほどの畑。

20180604_02.jpg
・トマトが実りはじめた。

20180604_03.jpg
・キュウリも大きくなってきた。

20180604_04.jpg
・ゴーヤは昨年は豊作だったが、今年はどうでしょうか。

投稿者 ooto : 18:14

2018年4月26日

建設費の高騰

近年の傾向なのですが、建設費の高騰が止まりません。

なぜそのような傾向なのかをまとめてみます。

特にここ一年の鉄骨材の高騰が顕著です。
鉄材は、東京オリンピックを前にして鉄骨造のビルやホテルなどに加え、流通革命による倉庫などの需要が急激に増えていて、鉄材が高騰しています。
また鉄鋼石など輸入原材料も値上がりしています。
その他ビル用の建材は、需要増加で全体的に値上がり基調です。

ただ木材は、鉄骨材ほど建設需要の範囲が広くないのと、国産材もあるので多少の値上がりで済んでいるような気がします。
そのため、木造住宅では、工事費の値上がり幅は許容範囲であると感じていますが、鉄骨構造やRC構造の住宅では、トータルとしての値上がり幅が大きいと感じています。


また工事費の高騰の原因は材料費だけではありません。
建設費の半分近くは人件費で構成されています。

最近の建設現場では、全体的に各種の職人が不足しています。
そのため、人の取り合いで人件費が上がっていると言われています。

大手建設会社は、人手に変わる手段としてロボット化、プレファブ化などを模索しているようですが、一般的な住宅にはまだまだ導入は難しいと思われます。

建設現場は3K(危険、キツイ、汚い)と呼ばれる状態を改善しないと、なかなか職人の成り手がいないのが今の日本の現状です。
また社会的な見地からは、建設現場の労働賃金、社会保険等の労働条件は、決して良いとは言えないので、これも改善する必要があると思います。

高度成長期を経てこれまでの建設工事は、こういった決して良くない労働条件に支えられて成立していましたが、今後はこれ改善しない限り、良好な建設現場は成立しないと感じています。

そのため、ある意味では多少の工事費の値上がりは致し方ない側面があると思います。


結局お金を出す施主とともに、現場で作る人の両者が幸せになるような時代が求められている時代だと感じています。

私達設計者も設計は出来るが、それをその通り作ってもらえない時代がすぐそこに来ているような危機感を感じています。


20180426_01.jpg

20180426_02.jpg

20180426_03.jpg




投稿者 ooto : 11:22

2018年4月20日

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館とは、事務所の近くの裏路地を歩いていたら、偶然見つけた廃校を利用した美術館です。

昼間の時間に通りかかったのですが、四谷広場と書かれたとてものんびりした風景に出会いました。

以前は学校だったような建物に、「東京おもちゃ美術館」とネーミングされたテントを見つけました。

入り口には、多数のベビーカーが置いてあり、大人気であることが分かります。


中に入ると広い玄関(元昇降口)には、歴史を感じられる壁画があり、多くの親子がたむろしていました。

調べて見ると、歴史ある組織がつくっている美術館であることが分かりました。


いわゆる商業的なアミューズメント施設とは異なる、落ち着いた空気が漂っていました。
四谷3丁目から徒歩数分の場所にあります。
http://goodtoy.org/ttm/about/history.html

今度はじっくり中に入ってみたいと思います。

20180420_011.jpg

20180420_02.jpg

20180420_031.jpg

20180420_04.jpg





投稿者 ooto : 09:46

2018年4月10日

リメンバー・ミー

リメンバー・ミーはディズニーのアニメーション映画なのですが、前々から気になっていたので、ナイトシアターで見ました。

以前からメキシコの墓地の陽気さ、派手さが気に入っていて、きっと死生観を表しているのだろうと思っていました。

アカデミー賞を取ったという話題性もあって、とても気になる映画でした。

ディズニーと言っても内容は、大人向けなのでしょう。

メキシコの墓地の写真は、確か皆川実花が撮っていると思います。

そこは日本みたいにしんみりしていなくて、原色で飾り立てられていて、死の世界が現世と区別がなく、隣り合わせと感じられる空間です。

この映画もそれを彷彿とされるような映画でした。
今回は、日本語版でした、今度は原語版拝見したいです。

20180408_01.jpg

20180408_02.jpg

投稿者 ooto : 10:37

2018年4月 3日

春の釣行

4月の入って、折角の桜も散り始めた週末、東京湾にシーバスの釣行に行きました。

夜になると冷たい風が吹き抜け、体が冷えました。

頑張った結果、ようやく30センチくらいの小さなシーバスが1匹上がりました。

ただシーバースとしてはかなりの小型なので、釣り上げたあとリリースしました。

何カ所か場所替えしたのですが、隅田川上流の夕暮れ時は、屋形船が行き交い、刻々と変化する綺麗な風景を見ているだけでゆったりした時間を過ごせました。

20180403_01.jpg

20180403_02.jpg

投稿者 ooto : 15:03

2018年3月24日

木の巣箱

自宅の庭木に巣箱を付けてみたのが、昨年の夏。

設置した位置が悪いのか、未だに小鳥たちに巣箱として使ってもらえません。

巣箱は、ホームセンターにあった木製の完成品に、色を塗っただけのものです。


この庭木は金木犀で、山鳩、雀、尾長などいろんな鳥が遊びに来ます。

いろんな種類の鳥のさえずりを聞くことが出来るのが、楽しみでもあります。

以前には、雛が孵った後の卵の殻が落ちていたこともありました。

暖かくなってきたので、巣箱の場所を変えてみようと思います。

20180324_01.jpg

20180324_03.jpg

20180324_05.jpg

20180324_04.jpg



投稿者 ooto : 13:53

2018年3月11日

シェイプ・オブ・ウォーター

今日3月11日は、あの大震災から7年が経過したのですね。

日本に住む限り、地震や火山などいつ大災害が来てもおかしくないと、肝に銘じなくていけませんね。


さて昨日深夜のシネコンで、アカデミー作品賞のシェイプ・オブ・ウォーターを見てきました。
大人のファンタジー映画というのでしょうか、半漁人?と中年女性の恋愛物語です。
映画「アバター」のような映像効果を見せられると思いきや、この半漁人はウルトラマンのような着ぐるみを着て登場します。

戦後の冷戦時代、エログロい(R15指定)、美人は登場しないなど、ファンタジーとは正反対な設定なのですが、逆説的にピュアーなこととは何かということを表現しているように思えました。

とても心に残る良い映画でした。

20180311_01.jpg

投稿者 ooto : 12:58

2018年3月 4日

横須賀ブラジャー

横須賀中央駅からすぐの場所に、若松マーケットという飲み屋街があります。

昭和のイメージが色濃く残る飲み屋街です。

私の幼少期には、青少年には少し近づきがたい裏路地の飲み屋といった通りでした。

米軍相手にはどぶ板通りがあり、地元の人はこのあたりでのんでいたのでしょうか?

町の通りは地形上湾曲していて、突き当たりが見えない裏路地といった風情で、なかなか雰囲気が残っています。

若い経営者も入り込んでいるようなので、活気を感じられます。

例の地元有名議員のポスターもしっかり張ってありました。

ここに横須賀ブラジャーと呼ばれる、ブランデーをジンジャーで割ったお酒(笑)があるとのことなので、いつか寄ってみたいと思います。

20180304_01.jpg

20180304_02.jpg

20180304_03.jpg

20180304_05.jpg











投稿者 ooto : 15:49