2021年2月 8日

書き割りのような富士山

最近は、コロナの影響で遠出が出来ないのでとても残念です。

そのため、ここにアップする素材が少なく、この不定期日記も随分と滞っています。

そんな訳で、以前の写真を探して、ここでご紹介をしようと思います。

これは一昨年の2月に、押野八海に遊びに行ったときの富士山の写真です。

写真に撮っても、誰かが書いた絵画みたいで、言い方を変えると銭湯の絵みたいな富士山です。

自宅からも富士山は見えるのですが、最近はコロナの影響で、排気ガスが少なくて空気が良いせいか、以前よりきれいに見える気がします。

20210208_01.jpg


20210208_02.jpg



投稿者 ooto : 16:59

2020年12月30日

2021年に向けて

2020年は、新型コロナの影響で、これまでにない大きな混乱の年でした。

長い目で見ると、間違いなく我々の身近な様々な分野で大きなターニングポイントになる年でしょう。

ハウスメーカーが言うようなコロナに対応した住宅というよりも、コロナ禍で露呈した私達の生活スタイル、就業スタイルの固定観念を一度壊して、より心地よい明日の住まい方にあった住宅を探す必要があります。

住宅設計という分野でも、これからの生活スタイルを見据えた、住宅のあり方を考えていく必要がありますが、誰もはっきりした答えを出せていないのが現実だと思います。

そういう状況のなかで、私達は施主と一緒に、住宅設計を通して、明日の住宅を試行錯誤しています。
ここでは2021年に予定の私達のプロジェクトを紹介します。




NO.69 KA-PROJECT
コロナ禍で遅れてしまいましたが、ようやく着工になりました。
6階建ての共同住宅+オーナー住宅です。
20201222_01.jpg

NO.70 WK-PROJECT
やはりコロナ禍で、遅れていた事務所+オーナー住宅です。
変形敷地に建つ8階建ての建築で、本格的に実施設計に取りかかります。
20201223_02.jpg

■NO.71 OG-HOUSE
したまち地区に建つ木造耐火構造3階建て住宅です。
20201015_02.jpg

■NO.72 NI-HOUSE
したまち地区に建つ木造準耐火構造3階建ての住宅です。
20201015_01.jpg


2021年もよろしくお願いします。

建築計画網・大系舎 大戸浩 森川貴史

投稿者 ooto : 10:57

2020年12月18日

NO.65_hu2-Projectの更新

NO.65_hu2-Projectを更新しました。

築30年の鉄骨造倉庫を、住宅にリノベーションするプロジェクトでした。

途中コロナ禍の中で進めらましたが、ようやく引き渡しが出来ました。

これから家族の生活が始まると、もっともっと生き生きした空間になっていくと思われます。

とりあえず引っ越し前の完成写真です。

1218_03.jpg

1218_12.jpg

1218_14.jpg

投稿者 ooto : 16:52

2020年11月17日

清洲寮

先日施主との打ち合わせで伺った折に、たまたま清澄白河駅近くを歩いていて発見した昭和初期に建てられて集合住宅です。

昔の建築物のつくりの丁寧さが伝わってきました。

共有の階段室しか見られませんが、階段の広さ、階段詳細のつくりの丁寧さが伝わってきます。

古き良き時代の遺産として貴著な存在です。

20201117_01.jpg
・昭和初期とは思えない外観

20201117_02.jpg
・広い玄関ホール

20201117_03.jpg
・住居の玄関

20201117_04.jpg
・テラゾーの手摺り。人の手でピカピカ、つるつる

20201117_05.jpg
・良い味の階段

20201117_06.jpg
・水道メーター

20201117_07.jpg
・鉄扉

20201117_08.jpg
・注意書き





投稿者 ooto : 17:39

2020年10月23日

NO.65_hu2-Projectの更新

オンライン設計室のNO.65_hu2-Projectを更新しました

現場の床養生が取れて、杉の床が見えるようになりました。

照明器具の取り付けも終わり、全体が見えるようになりました。

杉床のフローリングのラフさが、ちょうどバランスで仕上がりました。

あとはベランダのウッドデッキ張りの工事が進んでいました。

最後に外構工事を残すだけになりました。

202001007_03.jpg

202001021_03.jpg

202001021_01.jpg

投稿者 ooto : 12:10

2020年10月15日

新プロジェクトのご紹介

したまちの家の設計が始まります。

コロナの影響で、当初の予定より大幅に遅れてしまいました。

葛飾区の3階建て準耐火構造の住宅tと、墨田区の木造耐火構造の3階建て住宅です。

コロナ後のこれからの住まい方について、施主とじっくり話し合いながら設計していきたいと考えています。

20201015_01.jpg

20201015_02.jpg


投稿者 ooto : 11:46

2020年10月 9日

NO.65_hu2-Projectの更新

オンライン設計室NO.65_hu2-Projectを更新しました。

1階の内壁は施主による自主工事で、漆喰壁を塗りました。

使用材料は素人でも塗りやすい既調合の材料で、"うまくヌレール"という左官材です。

私は一緒に立ち会えなかったのですが、施主がお子さんと一緒に楽しく塗れたと連絡がありました。

また外階段が完成しました。
難しい工事でしたが、三笠鉄鋼さんのおかげで上手く設置が出来ました。
これで1階との行き来が楽になりました。

残す工事は、最終仕上げ工事と電気照明設備工事だけになりました。

もうすぐ完成です。

202001007_02.jpg

202001007_04.jpg

202001007_08.jpg




投稿者 ooto : 12:33

2020年8月30日

ジョンソンタウン

埼玉県入間市のジョンソンタウンに行ってきました。

ジョンソンタウンは、戦後米軍の入間基地関係者の住宅であった住宅群のことです。
その後日本に払い下げられたてからも、民間で住みつないで現在も、店舗や住宅として生かされている町です。

基本は平屋の小さな住宅が、路地でつながって町を形成しています。

町は昭和の空気を色濃く残していますが、雑貨店、飲食店、本屋などが、現代的に楽しく賑やかに営業していました。

平屋の町並みは、真っ青な空が広く感じられ、とても気持ちが良かった。

昭和の時代の古いものと、新しい時代を取り込んで、楽しく、新しい空気を醸し出していました。

残暑の厳しい日でしたが、若者を中心に賑わっていました。

20200830_01.jpg
・平屋の町並み

20200830_02.jpg
・住宅のバルコニーがかわいい

20200830_03.jpg
・路地が続く

20200830_04.jpg
・平屋の住宅と、真っ青な空

20200830_05.jpg
・住宅と店が入り組んである。

20200830_06.jpg
・結構な人出でした。

20200830_07.jpg
・本屋さん

20200830_08.jpg
・人文系の品揃えがすごい。インテリアも良かった。






投稿者 ooto : 21:55

2020年8月 1日

NO.65_AB2-Projectを更新

オンライン設計室NO.65_AB2-Projectを更新しました。

ようやく完成しました。

足かけ3年の非常に長いプロジェクトでしたが、引き渡しが終わりホッとしています。

コロナ禍によるの緊急事態宣言を挟んで、中国からの設備の入荷遅れ、職人の人手不足などいろいろなことがありました。

窓庇が付いたガルバリューム鋼板平葺きの外観は、太陽光の当たり方でいろいろな表情を見せてくれます。

少しだけ自己主張した外観が、徐々にまちに溶け込んで行くことを願っています。

20200801_01.jpg

20200801_04.jpg

20200801_07.jpg


投稿者 ooto : 17:22

2020年7月31日

NO.67_HU2-PROJECTを更新

オンライン設計室NO.67_HU2-PROJECTを更新しました。

今年は長い梅雨で、梅雨明けが8月にずれ込みそうです。

外装のサイディング工事は、雨天が続き作業が中々進みませんでしたが、雨天の合間を縫って工事が進められて、ようやく完了の目処がついてきました。
あとはシーリングや樋工事が残るのみになってきました。

また内部では、家具工事が進んでいました。

箱は大工が作成して、内部の引き出し等は建具屋さんが作成します。

また塗装は、下地工事が始まりました。もうすぐ仕上げの塗装工事が始まりますので、内装工事も最終工程になってきました。



20200731_07.jpg

20200731_02.jpg

20200731_11.jpg

投稿者 ooto : 16:10