私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:03:2階建てか、3階建てか?

間口が狭い/下町の家
NO.51_HJ-HOUSEができるまで
(2014/12/24)

■2階建てか、3階建てか?

今回の一番のポイントは、2階建てにするか、3階建てにするかということでした。

hjさんのご希望は、3階建てです。ただし、予算には限度があります。


そもそもこの場所は、商業地域及び防火地域であり、3階建て以上の場合には耐火建築物が要求されます。

2階建て以下の場合は、準耐火構造で良く、これは通常の木造の仕様に近い。


また、近隣の地盤データを見るとこの地域は地盤が非常に悪いことが予想され、3階建てでは、地盤改良も難しく、杭工事の必要がありそうです。

木造の2階建てであれば、上記の杭工事は必要なく、ベタ基礎で対応可能と判断しました。


そうなると、2階建てと3階建ての工事費の差額は、階数に伴う面積の差だけは無く、耐火仕様の差額、地盤改良または杭工事の差額が加算されるので、大幅なコストアップになると判断しました。

その差額は、おおよそ2000万円近くの差額になってしまいます。


20141224_01.jpg

・敷地付近の地盤データ
表層は、地耐力は小さく、一部だけ20近いN値があるが、これでは柱状改良でも、希望する地耐力が得られない可能性が高い

このような検討結果を経て、2階建て+小屋裏空間という提案で、納得して計画を進めることになりました。


ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465