2018年8月 9日

NO.59_HU-PRPJECTを更新

オンライン設計室NO.59_HU-PRPJECTを更新しました。

店舗内部の仕上げ工事が進んでいます。

天井の杉板仕上げが張り終わり、室内が柔らかな感じの落ち着きを醸し出しています。
大工の水戸さんも、店舗の内装でこの現場の仕事も終わりに近づいてきました。
長い間ご苦労様でした。

さて一方外部では、ガルバリューム鋼板の板金仕上げが始まりました。
板金工には、墨田区の上島板金さんにお願いしました。
今回は、ツートンカラーの一文字葺き仕上げです。
狭い敷地ですが、モノともせずに暑い中、頑張ってもらっています。

20180809_03.jpg

20180809_05.jpg

20180809_09.jpg



投稿者 ooto : 17:31

2018年8月 1日

NO.58_OA-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.58_OA-HOUSEを更新しました

前回は、外部完成写真を掲載しましたが、今回以降内部完成写真を2回に分けて掲載します。
まずは、この建物の中心となる4階LDKの完成写真です。
周囲を高いビルで囲まれた外部環境なので、最上階の4階にLDKを設けました。


この建物自体は2世帯住宅ですが、このLDKには下町らしく近くに住む姉妹の親戚などが集まれるオープンスペースです。
室内は天井を高く取り、ハイサイドライトから自然光、通風を取り入れた設計になっています。

またLDKと連続する小さな外部中庭スペースを設け、自然の光と風を楽しむことが出来ます。
この中庭スペースはT字路の突き当たりになるので、視線が抜けて開放的なスペースになっています。

20180801_01.jpg

20180801_02.jpg

20180801_03.jpg








投稿者 ooto : 15:33

2018年7月23日

NO.58_OA-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.58_OA-HOUSEを更新しました。

外観の完成写真を掲載しました。

外観は、ガルバリューム鋼板菱葺きで仕上げました。

広いT字路の交差点の突き当たりにあるので、非常に目立ちます。

これまでの壊れかけた町のイメージが、少しでも前向きに明るくなることをイメージして町に投げかけたデザインです。

日の当たる角度で、反射や、影の見え方が変化して、豊かな表情を醸し出しています。

板金屋さんのチームが美しく仕上げてくれました。

20180723_01.jpg

20180723_02.jpg

20180723_03.jpg


投稿者 ooto : 17:10

2018年7月15日

NO.61_HJ2-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.61_HJ2-HOUSEを更新しました。

屋根はガルバリューム鋼板タチハゼ葺きです。

屋根が出来上がれば、室内は雨でも工事が可能です。

屋根に登ると、スカイツリーが迫って見えます。

今年の梅雨は早く明けたので、工事もスムースに進むと良いですね。

下階では大工が、耐震壁の工事を進めていました。

20180713_08.jpg

20180713_05.jpg

20180713_09.jpg



投稿者 ooto : 21:04

2018年7月 7日

NO.59_HU-PROJECTを更新

NO.59_HU-PROJECTを更新しました。

横須賀のHUプロジェクトの現場監理の帰りに、打ち合わせで森川と寄ったカフェです。

以前から気になっていたお店です。

場所が商店街から外れているので、なかなか寄れなかったのですが、今日は思い切って寄ってみて、意外と広く、落ち着いた空間に惹かれました。

もう十数年前から営業されているようですが、主に自分たちが工事して作られてとのインテリアのセンスが、とても良く落ち着いた空間になっていました。

奥には程よく暗く、落ちついたアルコーブ(奥まったスペース)のような席があり、ここが一番のお気に入りの場所でした。

20180707_01_11.jpg

20180707_01_04.jpg

20180707_01_05.jpg



投稿者 ooto : 12:39

2018年6月30日

NO.61_HJ2-HOUSEを更新

NO.61_HJ2-HOUSEを更新しました。

上棟式が終わり、躯体工事に入りました。

柱と梁は、金物で固定されていますが、まだ全体的にグラグラです。

そこで、耐震壁を配置して壁を固定していきます。

壁が出来ると、室内空間のボリュームがよく分かるようになります。

この住宅では、小さいですがロフト(小屋裏)空間を確保しました。

20180630_04.jpg

20180630_01.jpg

20180630_07.jpg

投稿者 ooto : 11:54

2018年6月25日

NO.61_HJ2-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.61_HJ2-HOUSEを更新しました。

足場が組まれ、建て方が行われました。

隣家が迫っているのですが、ギリギリ足場が組まれ作業が出来るようになりました。

間口が狭いので、のっぽな3階建てになりました。

SE構法の骨組みは、ガッシとしています。

骨組みが立ち上がると、狭いと思っていた空間は、体感的に広々と感じることができます。

日を改めて、施主によりお清めが行われました。

これから躯体工事に入っていきます。


20180625_06.jpg

20180625_13.jpg

20180625_02.jpg




投稿者 ooto : 11:29

2018年6月 8日

NO.59_HU-PROJECTを更新

オンライン設計室NO.59_hu-projectを更新しました。

1階の店舗空間のイメージを固めています。

施主のHuさんからの提案で、駄菓子トンネルという入れ子空間のような仕掛けを検討しています。

子供用の小さなトンネル空間を作って、その中でまた展示をするという仕掛けです。

既存のコンテナを骨組みとして使い、ラーチ合板で囲います。

変化のある空間で、子供にとっては楽しさ倍増です。

20180609_05.jpg

20180609_01.jpg

20180609_10.jpg



投稿者 ooto : 23:57

2018年5月28日

NO.61_HJ2-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.61_HJ2-HOUSEを更新しました。

基礎工事が始まりました。

まずは、基礎のために土を掘り、整地します。

これを床付けと言います。

その上に捨てコンクリート打設し、配筋を行います。

今回の配筋検査では、鉄筋は問題はありませんでした。

今後は、コンクリートを打設して、基礎を完成させます。

20180528_07.jpg

20180528_04.jpg


投稿者 ooto : 18:59

2018年5月12日

NO.59_HU-PROJECTを更新

オンライン設計室NO.59_HU-PROJECTを更新しました。

現場では構造躯体の工事が行われています。

耐震壁の構造用合板張り、窓開口の作成などが行われています。

ここからは大工工事が主体で現場は進行します。

若い大工の水戸さんが主体で、現場は急ピッチで進んでいます。

この段階になると、ほぼ室内空間が分かるので、施主と設計者で確認を行っています。

20180512_03.jpg


20180512_02.jpg

20180512_05.jpg

20180512_09.jpg

投稿者 ooto : 15:09