2017年11月20日

NO.58_OA-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.58_OA-HOUSEを更新しました。

青空が綺麗な秋晴れの日に、鉄骨の建て方工事が始まりました。

現場は交通量が激しい交差点の中なので、安全を優先して行われました。

下町なので、両側の建物は近接していて、建て方工事は大変でしたが、レッカーのオペレーター職人の仕事で、スムースに建て方が進みました。

また鉄骨鳶の職人達は、いつものように危険な仕事なのですが、手際よく進めてくれます。

20171120_06.jpg

20171120_01.jpg


20171120_08.jpg

20171120_05.jpg

投稿者 ooto : 11:40

2017年11月 7日

NO.58_OA-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.58_OA-HOUSEを更新しました。

鉄骨の工場検査へ行ってきました。

当日は建て主さんも同行されて、鉄骨製作の進行状況を見学されました。

工場では、製作途中の柱梁、階段などが積み上げられていました。

また出来上がった鉄骨材にさび止め塗料を塗布していました。

工場では、構造設計者の山領さんにより、鉄骨材の精度、溶接の超音波検査、建て方の予定などを確認しました。

建て方の現場は、人と車の通行量が多い交差点での建て方になるので、綿密な事前の建て方計画が必要です。

20171107_01.jpg

20171107_03.jpg

20171107_04.jpg





投稿者 ooto : 13:30

2017年11月 3日

NO.61_hj2-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.61_hj2-HOUSEを更新しました。

敷地の測量が行われました。

狭小地の場合、シビアな設計になるので、正確な測量は欠かせません。

前述した通り、下町地区では、境界杭が曖昧なまま建築されている事が多いようです。

今回は、きちんとした大きな街区の測量行ってから、敷地の測量を行いました。

一部隣接する敷地との境界杭が見つからないので、隣家と話し合い、境界杭を設置しました。

その場合、確認書を取り交わすことで、境界を正式で恒久的なものにすることが出来ます。

20171103_01.jpg

20171103_02.jpg

20171103_03.jpg




投稿者 ooto : 19:59

2017年10月26日

リノベプロジェクト 草加の美容室をアップ

リノベーションプロジェクトの草加の美容室「hairsalon SUZU」をアップしました。

・オンライン設計室-----NO.63_草加のヘアサロンができるまで
・住宅建築事例集-----NO.63_美容室「haiesalon SUZU]

20171026_01.jpg

このプロジェクトは、No46のBT-houseの向かいに建つ建物で、構造・規模・建設時期などが類似しており、兄弟のような建物です。
1・2階に入っていたスナックを美容室にリノベーションしたプロジェクトです。

20171026_02.jpg

20171026_03.jpg

オーナーのDIYを多く取り入れたプロジェクトです。

今年の5月に完成したプロジェクトですので、オンライン設計室・住宅建築事例集を一気にアップいたしました。(森川)

・オンライン設計室-----NO.63_草加のヘアサロンができるまで
・住宅建築事例集-----NO.63_美容室「haiesalon SUZU]

投稿者 morikawa : 15:16

2017年10月19日

NO.57_KS-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.57_KS-HOUSEを更新しました。

内外装とも最終仕上げ工事が進んでいます。

現場では、大工と家具屋とステンレスプレス職人の合作によるキッチンがセットされました。

LDKのスペースの中におけるサイズ感は、丁度良かったです。

狭小地住宅では、メーカーのシステムキッチンでは、寸法の融通が利かないことが多いので、キッチンを私達が設計する事が多く、今回も私達でデザインしました。

キッチンの幅、奥行き、シンクの大きさなどステンレスの加工など自由に設計できるので、スペースの大きさに合わせることや、施主のお好みに合わせたデザインが可能です。

写真の状態は、まだ引き出しや扉が完成していない途中の段階です。

仕上げは、天板はステンレスの厚板、下部の台や引き出し、扉はシナ合板の上、ウレタンクリアー仕上げです。

価格は、メーカキッチンよりも大分リーズナブルで作ることが出来ます。

この後、家具屋が引き出しや扉を取り付けます。

20171018_01.jpg

20171018_02.jpg

20171018_03.jpg




投稿者 ooto : 00:06

2017年10月10日

NO.58_OA-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.58_OA-HOUSEを更新しました。

柱脚アンカーセットが終わり、基礎工事が始まりました。

地中梁の配筋、型枠工事が進みます。

特に杭頭と、鉄骨の柱脚廻りには、鉄筋が集中しますので、間違いがないように作業が進められます。

配筋が終わったので構造設計の山領さんに検査をお願いしました。

配筋は問題がなかったので、基礎コンクリート打設が行われて、基礎が完成しました。

地味な作業ですが、砂上の楼閣にならないようにしっかりと基礎工事が行われました。

20171010_01.jpg

20171010_02.jpg

20171010_03.jpg



投稿者 ooto : 17:37

2017年10月 8日

新プロジェクトのご紹介

オンライン設計室NO.61_HJ2-HOUSEが始まります。

下町の墨田区内の店舗併用2世帯住宅のプロジェクトです。

敷地は13坪の狭小地であり、1階は店舗で2,3階は2世帯住宅になります。

防火地域内ですので、耐火木造住宅として設計する予定です。

小さな住宅ですが、知恵を出し合って、楽しく、大家族で住んでいける住宅づくりを目指します。

徐々に公開していきますので、よろしくお願いします。

R0033266.jpg

20171008_03.jpg



投稿者 ooto : 22:10

2017年10月 1日

NO.57_KS-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.57_KS-HOUSEを更新しました。

今回の、壁と天井の最終内装仕上げは、施主工事となります。
そのため、石膏ボード張りまでとなります。

床は、埼玉飯能の西川材による杉フローリング梁となります。

外部は、足場や柵が外されて、外観がすっかり現れました。

また内装は、石膏ボードや、杉フローリング張りは終わり、給排水衛生設備や電気設備の工事が進んでいます。

階段手摺が付けば、仕上げ工事は完成となります。

あと少しで、引き渡しが可能になります。

20171001_01.jpg

20171001_02.jpg

20171001_03.jpg



投稿者 ooto : 22:47

2017年9月24日

NO.58_OA-HOUSEを更新

オンライン設計室NO.58_OA-HOUSEを更新しました。

杭が終わったので、土工事が進み、構内の土が排出されました。

土の掘削が終わったら、底面に捨てコンクリートが打設されました。

この捨てコンクリートをキャンパスとして、建物の中心線が墨で描かれ、まずは柱脚アンカーがセットされます。

職人のキビキビした作業で、設置工事はスムーズに進みます。

柱脚アンカーとは、工場で製作される上部の鉄骨骨組みを固定するための金物で、高い精度が必要な工程です。

アンカーがセットされたら、今度は基礎の配筋工事が進みます。

20170924_01.jpg

20170924_02.jpg

20170924_03.jpg


投稿者 ooto : 01:00

2017年9月23日

NO.57_KS-HOUSEを更新

NO.57_KS-HOUSEを更新しました。

足場が外れて、外観が見えるようになりました。

外壁のALC板ですが、ヘーベルのアートミュールという版を採用しました。
一般のALCに比べ、シャープに見えます。
また窓上に、ステンレスの小庇を設けたので、表情に陰影が出来、かつ雨天時に直接室内へ雨が入らないような工夫をしています。

室内は、床フローリングを張り始めました。
今回は、西川材の杉板を採用しました。
柔らかく、足腰に優しい材です。
当初の白っぽさが目立ちますが、数年すると自然な色合いに落ち着いていきます。

仕上げも最後の工程に近づいてきました。

20170923_04.jpg

20170923_02.jpg

20170923_01.jpg

20170923_03.jpg





投稿者 ooto : 23:36