大系舎 ホームページTOP
狭さを克服するデザイン  


"下町ノッポ住宅"が建っている場所の多くは、都市計画的に商業地域で、高密度にビルや店舗や住宅が、混在して建っているような地域です。

この地域では、住宅や店舗の敷地面積としては、10坪から15坪程度の狭小地がほとんどです。

このような狭小地に建つ住宅の設計において、狭さを克服することは、まず第1に求められることです 。


KT-HOUSE(新宿区)鳥瞰





空間を立体的に使う


”下町ノッポ住宅”が建つ場所は、都市計画上の商業地域が多く、一般的には5階建て程度の戸建て住宅が建築可能です。

敷地が狭い”下町ノッポ住宅”は、水平方向の距離は短いのですが、高さ方向については、普通の郊外住宅地に建つ住宅に比べ、高さを規制がゆるいので、室内の天井高や建物の高さを確保することができます。





KT-HOUSE(新宿区)
4階LDK

そのため、居室の天井高を上げたり、吹き抜けをつくったりすることは、比較的自由にできます。
特に最上階をLDKにする場合には、天井を高くしたり、吹き抜けをつくることが可能であり開放的な住宅になります。(KT-HOUSE)


次の事例は、屋上と4階のリビングを、北側のハイサイド窓でつなぎ、空間を立体的に活用した事例です。(SB-HOUSE)
北側のハイサイド窓からの、柔らかい太陽光がリビングへ優しく落ちてきます。
また電動のハイサイド窓を開放すれば、室内に心地よい風が通ります。

またここでは、吹き抜け空間を利用して、大きなスクリーンで映画を楽しむための、AV機器も設置しています。




SB-HOUSE(台東区)



1つの空間を多様に使う


狭い住宅を、広々と感じさせるためには、1つの空間を多様に使うことが効果的です。
欲しい居室を足し合わせて出来る空間の総体では、概して大きくなりすぎ、敷地に納まらないでしょう。



私たちが設計した、AB-HOUSEは、敷地面積が9.5坪の超狭小住宅ですが、ここには、幅が広い廊下状の空間は、多様なスペースを兼用しています。

この廊下状の空間は、廊下でもあり、収納でもあり、LDKでもあり、玄関でもあり、道行く人を眺めることが出来る憩いのスペースでもあります。

またこの廊下状空間が、上階への階段空間と、連続しているので、空間が途切れ ず、広々と感じさせてくれます。


AB-HOUSE(台東区)


つぎの住宅の事例では、キッチンの周囲に、ダイニングスペース、家事スペースがまとまってあります。 (NA-HOUSE)
キッチンを中心に、多様な使い方のスペースを兼ねていているので、狭小住宅の空間のあり方として、とても良い事例です。








NA-HOUSE(杉並区)

広めのキッチンのステンレス天板は、料理の時だけでなく、スツールを使っての食事用のテーブル、また洗濯モノを折りたたむ場所など、いろいろなシーンで使われています。

狭い空間を、様々な工夫をして使うことは、創造的な生活を楽しむことであり、狭ささえも楽しんでしまうことにつながるでしょう。



スキップフロアー


スキップフロアー形式とは、階段の半階毎に床面が形成されている住宅の形式です。

各床(ゾーン)の高低差が半階なので、各床(ゾーン)間の距離が縮まり、住宅の室内空間に、一体感ができます。
その結果、空間が途切れずに広々と感じることが出来るようになります。

またこの住宅は、階段自体に腰掛けて、読書スペースとしても使っているので、室内空間は、より一層広々と感じられます。




   HM-HOUSE(目黒区)



家具のように建築をつくる



狭小地の住宅は、寸法体系が決められている既製品のキッチンや洗面台やテーブルなどを納めようとすると、寸法が中途半端で、ムダな隙間が生じてしまことが多く起こります。

このような場合は、空間にあわせてキッチンやテーブルなどを、建築と一緒に設計すれば、スペースの有効利用につながります。


そんなときには、住宅自体が家具と思えば、いろいろなことが見えてきます。

これまでデッドゾーンであった空間をちょっとした収納や棚にすることも可能です。

”下町ノッポ住宅”では、住宅自体が小さいので、家具が大きくなって住宅になったという感覚で設計することで、狭さを感じない家をつくることが出来ます。







ホームエレベーターの活用

ホームエレベーターでの移動は4階までが限界という法的な制限はありますが、人の移動だけでなく、買い物の荷物の運搬や、洗濯物の移動などが可能になるのでとても生活が楽になります。

またホームエレベーターが設置できれば、階段の上り下りの労力を考慮する必要がなくなるので、階の構成に制限無くなり、自由にプランニングできるようになります。





当初、エレベーターが必要ないときには、将来必要になったときに設置できるように、物置にしておくのも良いでしょう。


このページのTOPへ

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net 〒160-0001 東京都新宿区片町3-10 ST-K B1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所