建築計画網・大系舎のリノベーションサイト


小上がりのある二世帯住宅 / WA-house


小上がり和室の居間でスペースを有効利用
思い出の床の間を再生させた二世帯リノベーション

築40年の鉄骨2階建ての戸建住宅を二世帯住宅にリノベーションしたプロジェクト。
床面積77m2と決して広くないスペース。

既存の2階居間は和室で細かく仕切られていた間取りであったが、仕切りをなくしたワンルームのスペース、高いスケルトン天井とすることで、開放的なスペースに変わった。

家族が集まる居間は、広い小上がりの和室空間として、スペースに可変性を与えることで、スペースを有効に利用できるよう考えた。
小上がりにある床の間は、建て主にとって思いれのある部分であったため、既存の床の間をリノベーションプランに合わせて調整し、再生させている。
既存の再利用はリノベーションの魅力の一つである。
また、キッチンはできるだけスペースを有効に使うため、造作のキッチンとした。

杉板を貼った壁やブルーに塗装された壁が空間に色気を与えている。



※当事務所・大系舎一級建築士事務所HPにも掲載しています。是非ご覧ください。

●完成までの記録 ---- オンライン設計室「WA-houseができるまで」
●完成写真集 ---- 住宅建築事例集「WA-house」


DATA  
プロジェクト名 WA-house
所在地 東京都
構造・規模 鉄骨造2階建て
床面積 77㎡
築年数 1974年頃(築40年時)
家族構成 夫婦2人・母親1人
工事費 -
期間 設計3か月-施工3か月

【WORKS】TOP
このサイトについて
リノベーションの事例集
設計から完成までの流れと費用
リノベーションのアイディア集
お気軽にご相談ください
新築のご相談はこちらから
【建築計画網・大系舎HP】
soudan@taikeisha.net