私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:08:地盤改良工事

狭小地住宅/ 店舗併用住宅/商店街
NO.59_HU-PROJECTができるまで
(2018/02/15)

いよいよ工事が始まりました。

この敷地では4メートルほど深さの先に支持地盤があります。
また地盤調査の結果、一部酸性が強い腐植土の層があるので、アルカリ性の柱状改良工法は使えません。

そのため今回は、鋼管杭を使うことになりました。

100φほどの鋼管杭を33本圧入します。

先端のハネがねじのように圧入されていきます。

これが終われば基礎工事に入ります。

また裏側の斜面には、崖崩れが起きないように山留めが設置されました。

なお今回工事をお願いしたのは、細田建築工房の細田さんです。

20180215_01.jpg
・鋼管杭が33本打たれます。

20180215_02.jpg
・狭い敷地なので小さなオーガーが活躍

20180215_03.jpg
・先端の羽根で、ねじ込んでいく。ほとんど騒音がない。

20180215_04.jpg
・2メートルの杭を溶接でつなぐ。

20180215_05.jpg
・支持地盤まで到達した杭

20180215_07.jpg
・最後に先端を基礎の深さに合わせて切断。

20180215_08.jpg
・小さなオーガーは狭い敷地で活躍。

20180215_09.jpg
・工事を依頼した細田建築工房の細田さん。









ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465