私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.09:試験杭

狭小地住宅/鉄骨4階建て/店舗併用住宅/2世帯住宅
NO.58_OA-HOUSEができるまで
(2017/08/30)

よいよ杭工事が始まりました。

長い間掛かって、ようやく着手できたことを本当に嬉しく思いました。

この地域のは地盤が悪く、支持地盤まで-30mと深いので、杭の工法を検討した結果、鋼管杭を採用しました。

鋼管杭は、運搬車での規制で6メートルの長さのもを、溶接で継いでいきます。

自動溶接を確認しながら、支持地盤まで到達すると、トルク値が上がり、支持地盤であることを確認出来ました。

今日は初めての杭工事なので、試験杭として、構造設計者の山領さんに立ち会っていただき、チェックしていただきました。

20170829_01.jpg
・いよいよ杭工事が始まりました。

20170829_02.jpg
・関係者の立ち会い

20170829_03.jpg
・6mの鋼管(径260Φ)の鋼管杭を溶接で繋ぎます。

20170829_04.jpg
・現在17メートル付近。まだ半分です。

20170829_05.jpg
・半自動溶接で、確実に繋ぎます。

20170829_06.jpg
・鋼管杭の断面。

20170829_07.jpg
・構造設計者の山領さんによる溶接のチェック。


ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465