私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  各プロジェクトの家づくりのプロセス、”出会い?設計?工事”の記録集です。
住宅が、どのようにつくられるか。 --- How is a house mede?
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地・変形地」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:03:寂れた商店街を考える

4階建て住宅/店舗付き住宅/2世帯住宅
NO.58_OA-HOUSEができるまで
(2017/1/21)

スカイツリーが2012年に開業して、観光名所として多くの人が訪れるようになりました。

そのためスカイツリーの足元の古くからの商店街もその恩恵で、買い物客が増えることが期待されました。
しかし、実際にはほとんどの観光客は、ソラマチなどの商業施設の外には出ないので、商店街の買い物客が増えるということには至りませんでした。

逆の見方をするのであれば、観光客の一部が外に出たくなるような魅力的なお店なども少ないからだと思われます。

ただ、既存の商店街でも、もう少し努力して、魅力的なエリアに変貌すれば、賑わいを少しでも取り戻せるのではないか考えられる立地条件です。

観光客だけでなく、下町地区は住むという点でも魅力的であり、住みたい人が増えると予想されている地域だからです。

まちに少しでも活気を取り戻すためには、旧来のまちをリノベーションすることが必要です。

そのため、今回のOAーHOUSEの計画は、小さな個人住宅と店舗の計画ですが、少しでもまちに活気を取り戻すためのまちのリノベーションつながることが、大切なことだと考えています。

この住宅計画は、個人がまちに対して関わり、何が貢献できるかという思いを、設計者と施主が共有しながら進める計画です。


20170121_01.jpg
・スカイツリーを見上げるような位置にある商店街。

20170121_02.jpg
・スカイツリーの広場から約100メートルくらいしか離れていない。

20170121_03.jpg
・右手がスカイツリーの広場で、突き当たりが計画地。

20170121_04.jpg
・商店街は、空き地や空き家がそのまま残っている。

20170121_05.jpg
・崩壊寸前の空き家。

20170121_08.jpg
・ぱっとしない商店街

20170121_06.jpg
・近くでホテルが開業するので、人出は増えるかも。

20170121_07.jpg
・計画住宅から、スカイツリーの広場方向を見る。左手がスカイツリー。

20170121_09.jpg
・ソラマチから商店街方向を見る。








ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465