TAIKEISHA 建築計画網・大系舎ロゴ

オンライン設計室

家づくり・リストに戻る

NO56.KT2-PROJECTができるまで

02:構造体の補強など

(2016.02.11)

リノベーションの工事を始める前に、地下室の漏水対策、及び構造体の補強工事を行った。

慢性的な漏水に対しては、打ち継ぎ部分の補修を行った。幸い対策が功を奏して、漏水は止まった。ただし壁のクラックからの漏水に関しては、2重壁の設置で、漏水のルートを確保することで対応した。

また、適切ではない、スリーブ貫通による大梁の耐力不足を補うために、炭素繊維により引っ張り力の補強を行った。
土木工事で多く採用される鉄筋コンクリート補強工事であり、古い高速道路やトンネル工事などに採用される工法である。
幸い上部構造は、鉄骨ラーメン構造であり、大梁への負担は比較的小さいが、安全性を高める対策を行った。

20160211_011.jpg
・打ち継ぎからの慢性的な漏水

20160211_02.jpg
・一部カットして、浸水場所を特定

20160211_03.jpg
・漏水部分を防水工事

20160211_04.jpg
・止水ボンドを塗布する

20160211_05.jpg
・2重壁(スマートフォーム)で対策

20160211_09.jpg
・不適切なスリーブ貫通

20160211_10.jpg
・炭素繊維にて、引っ張り力の補強を行う

20160211_11.jpg
・炭素繊維。強大引っ張り力がある

20160211_12.jpg
・炭素繊維を2重張りして補強する

20160211_13.jpg
・補強工事完成

躯体の基本性能を確保したので、これで安心してリノベーション工事に入りました。