私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.21:サブウェイタイル

狭小地住宅/2階建て+ロフト / 間口が狭い敷地
NO.53_NR-HOUSEができるまで
(2016/07/20)

20160720_01.jpg



アレスシックイの塗装がおおよそ終了し、NR-houseの仕上げ工事は大詰めに差し掛かってきました。
現場では、家具や手すり、設備機器の取り付け工事が進められています。

20160720_02.jpg
階段手摺は、一部現場溶接で取り付けられます。

20160720_03.jpg
洗面所のカウンター

20160720_05.jpg
玄関の一部の壁は黒板塗料。


NR-houseでは、キッチン壁やトイレの床にサブウェイセラミックスのタイルを使います。
いわゆるサブウェイタイルです。
職人が手作業で成形して作っているため、程よく歪みのある表情があります。
タイル工事前に、NRさんを交えて、タイル屋さんと目地幅や割り付け等の下打ち合わせを行いました。

20160720_06.jpg
現場に搬入されたサブウェイタイル。10mm厚でしっかりとしたタイル

20160720_08.jpg
タイル屋さんを交えて割り付けの打ち合わせ

20160720_07.jpg
タイル屋さんからアドバイスをもらって、目地幅は2mmに決定。

20160720_09.jpg
トイレの床タイルの打ち合わせ。サブウェイセラミックスの大理石タイル

精度や施工性の高い国産タイルメーカーの製品と比べると施工しにくい製品ですが、それらでは味わえないハンドメイドの仕上がりが楽しみです。

20160720_10.jpg
NR-houseの完成が近づいてきました。来週末には検査です。(森川)

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465