私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.17:鉄と木の階段

狭小地住宅/2階建て+ロフト / 間口が狭い敷地
NO.53_NR-HOUSEができるまで
(2016.06.08)

20160608_01.jpg

階段は、機能的にもデザイン的にも、住宅の中で重要な部分です。
詳細図を作成して細かく検討した階段工事がいよいよ始まりました。

2階リビングのNR-houseでは、1-2階は緩やかな木製階段、2-塔屋階は下階に光が落ちる蹴込板のない鉄骨階段としています。

20160608_02.jpg

鉄骨階段は工場で加工されて現場に搬入されるため、現場作業のほとんどは組み立てになります。
ボルトで側桁と踏板が組み立てられ、現場に設置されました。

20160608_03.jpg

塔屋の光が階段の隙間を通って、1階にも程よく落ちてきます。
この上から踏板の集成材を取り付けて完成になります。

20160608_04.jpg


1階では、大工の女ケ沢さんが木製階段の加工を進めています。
こちらは現場加工なので、手間がかかります。

20160608_05.jpg

木製階段でややこしいのが廻り部分の納まりです。
できるだけシンプルにきれいに納まるよう検討し作図するのですが、実際に現場で造るのは複雑な作業です。
現場で位置を出し、行ったり来たりしながら細かな加工を繰り返し、丁寧に納められていきます。


20160608_06.jpg

20160608_10.jpg


また、2階では床のフローリング貼りが進んでいます。
幅広のオーク3層フローリングがきれいに敷き詰められていきます。(森川)

20160608_08.jpg

20160608_09.jpg

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465