私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:32:光の表情の変化

都市型3階建て住宅/変形敷地
NO.52_NH-HOUSEができるまで
(2016/05/18)

現場では漆喰壁工事が終わりました。

晴天の日中は、室内外で様々な光の表情が読み取れました。

北側屋根の小さな採光用トップライトは、夏至が近いので、室内へ垂直な太陽光を導きます。

階段室を照らして、室内の奥まで差し込みます。
階段を上がりながら、空が見えるもの楽しい。

浴室の一部に上から差し込む光も、幻想的なイメージを醸し出しています。

北側の傾斜屋根と耐震壁に囲まれた三角形は、隠れスペースとして楽しそうです。


敷地が変形していて、敷地の角度なりにつくった幅が広い階段は、座ればそこは図書スペースになります。
北側の階段から廊下のスペースには、穏やかな北側の光が差し込みます。


201518_01.jpg
・北側トップライト。夏至が近いので直接採光。

201518_02.jpg
・階段からの見上げ。

201518_03.jpg
・北側階段の足下。

201518_05.jpg
・真っ青な空が見える。

201518_07.jpg
・幻想的な浴室採光。

201518_08.jpg
・三角な空間?

201518_06.jpg
・漆喰天井は、柔らかく光を奥に伝えます。

201518_20.jpg
・漆喰天井も、綺麗な光を届けます。

外部に目を移すと、南側の庇が、日中の強い日差しをカットしている様子が見られます。垂直な庇は、西日をカットします。

玄関は北側で、内部の土間は少し暗いです。
そのため、土間→廊下→階段→2階居室スペースと徐々に明るくなっていきますので、明暗の変化を楽しめます。

201518_12.jpg
・南窓は庇で遮光されている。

201518_13.jpg
・縦の袖壁は、西日よけ。

201518_14.jpg
・室内側は、太陽光が切れているのが分かる。

201518_15.jpg
・北側玄関。北傾斜の屋根だけに日が差している。

201518_11.jpg
・北側玄関は少し暗くしている。光のコントラストで、奥に行くと徐々に明るく感じる。

201518_16.jpg
・北採光の穏やかな光。階段は本と読書のスペース。

201518_10.jpg
・踊り場が広い。実際に踊れるくらい?


ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465