私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:16:屋根板金工事

間口が狭い/下町の家
NO.51_HJ-HOUSEができるまで
(2015/07/22)

都合で遅れていた屋根工事がようやく完了しました。
今日は梅雨明けして、日差しも1年で一番機しい季節です。

仕上げは、ガルバリューム鋼板のタチハゼ葺きです。
照り返しで、屋根の上は火あぶり状態です。

ちなみに、近年のガルバリューム鋼板は、遮熱塗料が既に塗られているので、以前に比べるとずっと室内環境は良くなっています。

またそれに加えて通気層を確保した2重屋根なので、直下の部屋の室温は、それほど上がっていません。

これから棟換気金物を取り付けるところでしたが、棟の通気層に手をかざすと、熱い空気が、抜けていくの実感できます。

コーナーやケラバ、軒先は綺麗に納まっています。

今回の新泉板金は、親子のチームでした。
息子は、親方に鍛えられていました。
がんばれ!

20141224_11.jpg
今回は、大屋根構造です。
トップライトは1つに変更された。

20150722_01.jpg
・軒先から見上げる。ガンメタ色。

20150722_02.jpg
・棟から見下げる。

20150722_03.jpg
・反対方向から。トップライトが見える。

20150722_04.jpg
・雪止めの設置。近年大雪が降るために必須アイテム。

20150722_05.jpg
・コーナーの納まり。綺麗です。

20150722_06.jpg
・軒先回りの納まり。一番目につくところです。

20150722_07.jpg
ケラバ回り

20150722_08.jpg
・コーナーを上から見る。

20150722_13.jpg
・棟換気金物設置中。

20150722_10.jpg
新泉板金の親子。

20150722_11.jpg
・室内。

20150722_12.jpg
屋根の上は気持ちが良い。木造住宅が多く残っていることが分かる。


ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465