私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:10:掘削工事が始まった。

賃貸併用住宅/下町の家
NO.48_MR-HOUSEができるまで
(2014/11/19)

親杭の工事が終わり、掘削工事の段階に入りました。

松矢板の土留めを設置しながら、徐々に掘り進みます。

まだ地盤下-1.5メートル程度ですが、約4メートル付近まで掘り進みます。

狭い現場なので、ユンボの旋回方法や、掘り進め方には入念な計画が必要になります。

この段階で、土圧に抵抗するための腹起こしと呼ばれる鉄骨梁を設置します。

さて、地下障害物として出てきた松杭ですが、地中に少なくとも70年以上は入っていたのですが、腐りはまったくなく、切断面を見るときれいな年輪が出てきました。

実際に松杭を持ち上げても見ても、ズッシリと重く、昔の技術は、現代でも決して低くなかったことを実証しています。

地盤の悪い場所に使われたており、旧東京駅が松杭で、支えられていたことは有名な話です。

20141119_01.jpg
・-1.5メートル付近まで、掘り下げています。このレベルで腹起こしを設置する。

20141119_02.jpg
・上から見ると、狭さを実感します。

20141119_03.jpg
・重機の旋回は大変です。

20141119_04.jpg
・松板の設置は手作業になります。ご苦労さまです。

20141119_09.jpg
・柔和な人柄のオペレーター。狭い場所でご苦労様です。

20141119_06.jpg
・実に重い!

20141119_07.jpg
・松杭の見事な年輪。密実な断面。この丸太が70年以上土中にあったことが不思議です。

20141119_08.jpg
・構造用教材(日本建築学会より)

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465