私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:08:DIY自主工事スタート

テナントビル→住宅コンバージョン
NO.46_BT-HOUSEができるまで
(2013/05/08)

工務店の工事が終了し自主工事に入りました

自主工事は主に塗装工事となりますが、棚等の簡単な家具の製作もあります。
しかし、引越しまでの日程を考えると全ては終わりそうにありません。
とりあえず引越しして生活ができるまでの最低限の部分を先行して行い、後は生活しながら手を加えていくことになりました。主に木部の塗装と土間コンクリートの防塵塗装です。
 
まずは木部の塗装。
2階はキッチンの床とカウンター、3階は床全面にオイル塗装を行います。
今回使用したのは「匠の塗油」の煉瓦色です。
この塗料はウエスを使って木材に塗りこんでいくため、素人でもムラになりにくく扱いやすいのが特徴です。

20130508_01.jpg
 
何よりも、この赤茶色の発色と木のテイストがしっかり残っている質感が気に入っています。
以前、賃貸アパートに住んでいた時も、DIYで敷いた床板にこの塗料を使いました。
 
2階の木部はラーチ合板のため、塗装をすることで木目が際立って見えてきます。
少々あらい木目なので心配していたのですが、全体を塗装し終わると、思ったよりなじんできました。

20130508_02.jpg

20130508_03.jpg
 
3階ではラワン合板の床の上に同じ塗料を塗りましたが、前日に自分で掃除した雑巾の後が浮き出てしまいちょっと失敗。プロのようにはいきませんね。
この上に畳を敷く予定なので、それで目立たなくなることを祈ります。壁の塗装も引越し後に。

20130508_08.jpg
 
 
土間コンクリートの防塵
床のコンクリートは少々古いので、コンクリートの粉塵がかなり舞っていました。
これをおさえるためにクリアの防塵塗料を塗布しました。
 
まず、下地の調整。といっても、今回は接着剤の後や多少の汚れはそのまま残してしまう予定だったので、全体的にペーパーをかけるだけ、、、の予定だったのですが、床を掃除すると、一部に緑色のゴムシートが現れました。埃をかぶっていたため、目立たなかったのです。
これがなかなかはがれない。スクレーパーとハンマーを使って丸2日程度試みましたが、全体の1/3程度取れただけです。ほとんどコンクリートを人力ではつっている感覚です。

20130508_04.jpg
 
これは素人ではどうしようもない。プロでもこれをはがすのは厄介でしょう。
あまりにもおかしかったら対策を考えることにて、とにかく先に進めることにしました。
 
今回使った防塵塗料は「アクアカラー」。

20130508_05.jpg
 
水性の塗料なので素人にもあつかいやすいし乾燥も速い。
通常は下塗りを入れて二度塗りのようなのですが、塗りやすかったため、3度塗りまでして完成です。

20130508_06.jpg

20130508_07.jpg
 
乾燥するとほとんどわからないのですが、よく見ると上に透明の塗膜が出来ています。
これで粉塵はおさえられました。
 
最後に玄関ドアにキシラデコールを塗って引っ越し前の自主工事は完了。
色がつくとメリハリがでます。

20130508_09.jpg

20130508_10.jpg

20130508_11.jpg

20130508_12.jpg

20130508_13.jpg
 
自主工事では職人さんにやってもらう仕上がりとは、当たり前ですが差があります。
ぴっちり綺麗に造っていくのは難しいし、時間もかかります。
ただ、手造りなラフな仕上がりもいいものです。少々の荒さにも愛着が沸いてきます。
 
自分の家づくりに参加するということは、今後愛着を持って家を大切に使っていく上でとても大切なことだと思っています。
 
まだまだやることはあるのですが、これでとりあえず引越しです。(森川)
ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465