私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:18:施主を現場へご案内

2世帯住宅 / 変形敷地
NO.44_OM-HOUSEができるまで
(2013/05/06)

板金屋さんの影山さんが本格的に、現場に乗り込んできました。

図面で決めたつもりでいても、現場で決断することは無限に発生してきます。

困ったときは、職人の智恵をお借りして、解決していきます。

日本の板金職は、いわゆるシーリングというゴム材料に頼らずに、家を漏水から守る技術をもっています。これは日本の文化と言ってよい伝統技術でしょう。

職人とコミュニケーション取れれば、現場で発生した問題を、上手く解決しながら工事を進めることが出来ます。


足場も整い、現場は安全になってきたので、施主を案内しました。

いつもインターネット経由で、現場の進行はお伝えしているのですが、やはりヴァーチャルの世界と、現実の世界は異なります。

出来映えに満足していただいたようで、設計者としても嬉しいかぎりです。

当事務所では、インターネットを活用して、施主への報告をしています。

現場と施主の一体感をつくり出すためには、インターネットは有効な手段だと実感しています。

20130505_01.jpg
・影山さんが納まりを考える。

20130505_02.jpg
・いろいろな工具を使い加工する。

20130505_03.jpg
・時には、絵を描きながら検討する。

20130505_04.jpg
・折れ曲がりの場所

20130505_05.jpg
・軒先部分

20130505_06.jpg
・隅木の部分


20130505_07.jpg
・板金屋さんは高所の作業になります。


 20130505_12.jpg
・3階室内

 20130505_16.jpg
・2階室内

 20130505_15.jpg
・3階小窓からの眺め

20130505_09.jpg
・施主を案内

20130505_10.jpg

・親子の会話

 20130505_11.jpg
・ペンディングしていた事の打ち合わせ

20130505_20.jpg
・木々の緑が美しい

20130505_21.jpg
・屋根が出来ている。
20130505_22.jpg

・裏から眺め

 

仕上げ工事のラストスパートが近づいています。

 

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465