私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:06:解体から、地質調査まで

2世帯住宅 / 変形敷地
NO.44_OM-HOUSEができるまで
(2012/12/28)

現地では、既存木造の解体工事が始まりました。

周囲は閑静な住宅地なので、なるべく騒音やホコリが立たないように、慎重に解体が行われました。

解体が進むと、上棟を記念した幣束が出てきました。

基礎の解体に入り、重機が入って作業を進めると、基礎が無筋であることが判明しました。
古い時代の基礎は、無筋基礎(=鉄筋が入っていない基礎)が多く、不安を感じます。

無筋基礎を壊すのは非常に簡単です。

ただ昨年の大地震でも持ったので、見た目以上に耐力はあるのでしょう。


解体後に、スェーデン式サウンディング調査を行いました。
調査に立ち会い、地層を実見して確認します。

すぐに、粘土層の地山が出てきて地盤の安全性を確認できました。

この場所の地名も○○台といい、地盤が良いことが予想されていましたが、その通りの結果になり安心して工事に入ることが出来ます。

20121221_01.jpg
・近隣へのご挨拶

20121221_02.jpg
・解体開始

20121221_03.jpg
・屋根を壊した状態

20121221_04.jpg
・室内

20121221_05.jpg
・上棟を記念した幣束が見えます。

20121221_06.jpg
・重機が入りました。

20121221_07.jpg
・こまめに分別して捨て場に運びます。

20121221_08.jpg

・最後の整地作業


20121221_09.jpg
・無筋基礎の断面。

20121221_10.jpg
・解体後、スエーデン式サウンディング調査が行われました。

20121221_11.jpg
・今回は人力で行いました。

20121221_12.jpg
・中央地点で、実際の掘り、土を実見する。

20121221_13.jpg
・黒ボクから、ロームが出たあたりの土




20121221_14.jpg

 ・調査してくれら職人さん

 

 

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465