私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.07:地鎮祭

狭小地住宅/敷地12坪 / 5階建て鉄骨造 / 2世帯住宅
NO.38_TG-HOUSEができるまで
(2011/01/27)

2011年の新年が明けて、いよいよ着工の準備が出来、まずは地鎮祭が行われました。

寒波の影響で、大変冷えんだ休日の午前中、地鎮祭が執り行われました。

下町の商業地域の敷地は、周囲を高いビルが取り囲まれているので、気温以上に体感的には寒さを感じます。
儀式は、地元の神主によって厳かに行われ、いよいよ工事が始まるという実感が湧いてきます。

今回は、3社の相見積もりの結果、株式会社ニートさんにお願いすることになりました。


さて昨年の5月に設計が本格的にはじまり、着工まで7ヶ月と、少し時間がかかった理由は、狭小地に鉄骨造5階建てという設計の難しさに加え、確認申請上、適合性判定(通称ピアチェック)が必要であるという制度のためでした。

とくに後者は、本当に住宅などの小さな建物にも適用されますが、トータルで考えると本当に建て主のためになっているのか、疑問を感じる制度です。

さて、今回の敷地は地盤が悪いため杭工事から始まります。



・高いビルに取り囲まれた敷地。



・ビルの谷間から上を見上げる。今日は快晴。


・鍬入れの儀。


・家族総出で。


・供物。


・株式会社ニートの久保田氏(社長)、富松氏(現場監督)。



・見上げると、雲一つ無い晴天。

 

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465