私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.02:敷地調査を行いました。

狭小地住宅/敷地12坪 / 5階建て鉄骨造 / 2世帯住宅
NO.38_TG-HOUSEができるまで
(2010/春)

まずは、計画に先立ち、敷地調査を行いました。
商業地域で、建弊率80%・容積率500%なので、周辺には高いビルが建っています。

部分的に下町の古い木造町屋が残っているいますが、交通の便が良いので、都市化が進んでいる場所です。



■道路関係

・西側前面道路は、11.0m幅の道路に面している。一方通行で比較的交通量は少ない。

・向かいのGS脇路地は、視覚的に有利であり、室内側から視線の広がりが感じられる。


■隣接建物

・南隣は3階建て(一部4階建て)の事務所ビル。

・奥の南側木造住宅は、近い将来ビル化の可能性が大きい。

・東側の事務所ビルは、上階で事務室の窓から見られる可能性がある。

・空地を介した北側のビルの南面(こちら側)は、窓が少ない。




・道路幅は広い。


・高い建物だけでなく、低い建物も混在しています。


・一歩裏に入ると、古い木造住宅、しもた屋などが残っています。


・付近の航空写真


■地盤(別添近隣データー参照)
・近隣データーから、杭が必要なことが想定される。杭長は約12メートル。
・確認申請上、ボーリング調査が要求される。     





 

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465