私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.20:狭小地住宅としての工夫

10坪狭小地 / 店舗併用住宅 / 2世帯住宅
NO.34_AB-HOUSEができるまで
(2017/08/24)


この敷地は、たった9.5坪という超狭小地に建っています。

そのため、設計上及び工事上でいろいろな工夫を行っています。

■プラン
狭さを克服するために考えたことは以下の通りです。

・空間を兼用する。
空間にいろいろな機能を持たせ、兼用することがポイントです。
そこを廊下と名付けると、人が通る時だけ使われる空間です。人が通らないときは、全く無駄な空間になります。廊下であり、キッチンであり、ダイニングであれば、狭くても多様に使うことが出来ます。
このように空間に室名を付けて、空間を限定してしまうことは避けるのがポイントです。
・外に開く
常に外に開くように心がけて設計しています。
ダイニングの窓を開ければそこには花台があります。道行く人に語りかけるような仕掛けですが、意識が外に向き、住宅だけで完結させないことが大切です。
そもそも1階は店舗なので、町に対して開いている建築です。

34ab_09.jpg

34ab_10.jpg
34ab_17.jpg


■建築構法
・防火地区であり、3階建ての場合は耐火構造が求められます。そのため、敷地一杯に建てるには、鉄骨造となりました。
RC造や木造(耐火)では、職人が外側から仕事をする必要があるので、建築が小さくなってしまいます。

20081229_08.jpg
20081229_09.jpg

・駅前の商店街に位置するので、隣の建物との間隔はほとんどありません。
そのため、ALC無足場構法で外壁をつくり、間口をなるべく広く取るような工夫をしました。
ただし、近接する既存建築に対しては、工事上注意が必要になります。




20090127_04.jpg

20090501_01.jpg


ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465