私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol.15:2階躯体工事_その1

16坪狭小地 / RC住宅 / 地下音楽室
NO.29_KT-HOUSEができるまで
(2009/06/02)

2階躯体工事その1(2009/06/02UP)


現場は、1階躯体工事が完了し、2階の型枠工事に進んでいます。
梅雨の足音がヒタヒタと聞こえて来ましたので、天気に恵まれて早く工事が進むと良いです。

今日は型枠大工を紹介します。
この現場では、大工は2人のチーム編成です。
山田さんと佐々木さんで、2人とも若い大工です。
てきぱきと、仕事が捗っているようです。


今日は外側の型枠パネルの建て起こしをしていました。
狭い現場なので、資材の運搬が大変です。

黄色い面は、コンクリート打設後に、型枠を外しやすいように塗ってある塗料です。
外周の型枠パネルが起きたら、鉄筋工事が始まります。
その後内側の型枠パネルの建て起こしと、交互に仕事が進み、完成後にコンクリートの打設になります。

ところで、大工の佐々木さんは着物が普段着です。
粋な紫色の着物です。

これで、現場に来るのでとても目立ちます。(笑)
 



山田さん(左)と佐々木さん(右)


・外側の型枠パネル建て起こし。


・同上


・隣家が迫っているので、サーカスのような仕事です(笑)


・大工の七つ道具、


・佐々木さんの普段着。粋ですね。


・2階レベルの現場


・脱形したコンクリート(階段室)


・1階は、躯体の感じが分かります。
 

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465