私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築事例集
 住んでみて
  不定期日記
  PROFILE
  家づくりのプロセス、”出会いから設計及び工事”の記録集です。
いろいろな住宅が、どのようにつくられたかを知ることが出来ます。
 

「3,4,5階建ての住宅」 「間口の狭い住宅・敷地」 「狭小地住宅」 「鉄骨造の家」 「木造の家」
「RC造の家」 「2,3世帯住宅」 「老後の家・楽のすみか」 「省エネ住宅」 「リフォーム・リノベーション」

Vol:11:床付けから柱脚金物を設置

間口が狭い / テナントビル
NO.42_FJ-BUILが出来るまで
(2012/09/02)

基礎底面まで掘り返した面を、床付け面と言います。

床付けが完了して、現場は総堀り状態になりました。

周囲の3方を、隣地建物で囲われているので、土を掘った状態では、より谷間感が感じられます。
捨てコンクリートを打った後で、地下水は押さえられ、作業が容易になりました。

まず第一の作業は、柱脚金物の設置から始めました。

今回の計画ではベタ基礎であり、柱の本数を増やすことで、一本あたりの負担荷重を減らしています。

柱脚金物の位置は、少しでもずれると上部の骨組みが設置出来なくなるので、厳密な精度で設置されます。

ようやく工事現場らしくなってきました。

20120831_02.jpg

20120831_03.jpg


20120831_01.jpg


20120831_04.jpg


20120831_06.jpg

20120831_07.jpg

20120831_08.jpg

20120831_09.jpg

20120831_10.jpg

ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001  東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所 03-5357-7465